1. HOME > 
  2. リフォームメニューPICKUP > 
  3. 開口交換
  • 他社にはできない純正リフォーム 開口交換
  • 家計節約、地球にやさしい「窓」リフォーム
  • 工期も短く低コスト。手軽にリフォームできる開口交換システム。

他社にはできない純正リフォーム 開口交換 家計節約、地球にやさしい「窓」リフォーム 工期も短く低コスト。手軽にリフォームできる開口交換システム。

「開口交換システム」とは?「開口交換システム」とは?
外壁、内壁を変更することなく、既存のアルミサッシ枠を残したまま、遮熱や断熱効果のある高性能複層ガラス、または防犯合わせガラスにアルミ障子ごと交換するシステム。コストを抑えて建物の「断熱性能」や「防犯性能」のグレードアップを図ります。

積水ハウス独自の工法積水ハウス独自の工法
積水ハウスの建物専用に工場で製作。既存サッシを残したままで、サッシ障子ごと交換します。しかも、ガラス交換のみの費用よりも割安です。
高品質で施工もカンタン高品質で施工もカンタン
工場加工だから高品質。
現場での作業が少なくて済むので、施工にかかる時間も短縮できます。
全窓替えても1日でOK!

  • ご存知ですか?
  • 夏の冷房時の熱が開口部から流出する割合【71%】
  • 冬の暖房時の熱が開口部から流出する割合【48%】

ご存知ですか? 夏の冷房時の熱が開口部から流出する割合【71%】冬の暖房時の熱が開口部から流出する割合【48%】

開口交換システムの5つのメリット開口交換システムの5つのメリット メリット1:CO2排出量を削減でき、省エネルギーに貢献。冷暖房コストも削減できます。

メリット1:CO2排出量を削減でき、省エネルギーに貢献。冷暖房コストも削減できます。
「開口交換システム」で窓ガラスを遮熱断熱複層ガラスに変えると、夏涼しく、冬暖かい一年中快適な室内環境が実現。夏冬ともに冷暖房に頼る時間が短くなり、その結果、CO2排出量を大幅に削減できます。リフォーム前と開口部の断熱リフォーム後とで比較すると、年間で1世帯につきCO2排出量を9%削減できます。ちなみに、このCO2の削減量をCO2の吸収に必要な杉の木の本数に換算すると、29本分に相当します。(図1)
また、光熱費も年間で約17,000円削減することができるので経済的です。(断熱リフォームと同時に暖房器具の見直しも行った際の試算。)(図2)
1世帯における年間CO2排出量の比較(図1)1世帯における年間CO2排出量の比較(図1)
<計算条件>
  • ・既存住宅は、旧省エネルギーIV地域仕様
  • ・東京に建つ134.5m³、4人家族を想定し、冷暖房負担は熱負担計算プログラムSMASHにより算出
  • ・1980年代の住宅は、暖房の一部を灯油ファンヒーターにより暖房するものとしたが、断熱リフォーム後は
    全てヒートポンプエアコンによる冷暖房とした
  • ・電気料金は、東京電力のホームページでのシュミレーション料金(2013年7月時点)を採用
  • ・ガス料金は、東京ガスのホームページサイトでのシュミレーション料金(2013年7月時点)を採用

メリット2:なによりも夏も冬も快適に、一年を通して住み心地のよさが高められます。メリット2:なによりも夏も冬も快適に、一年を通して住み心地のよさが高められます。

窓ガラスに、夏は「遮熱」、冬は「断熱」の効果をもつ高性能な遮熱断熱複層ガラスを採用。
例えば冬場、窓辺に立った時や朝方に感じる冷え込みが少なくなったり、また部屋全体の温度が平均化されるので、足元の冷え込みも軽減されます。

  • 遮熱断熱複層ガラス、単板ガラス遮熱断熱複層ガラス、単板ガラス
  • 【実験結果】
    遮熱断熱ガラスの方が
    • 窓面温度が高くなり、幅射熱により体感温度が上がる。
    • コールドドラフトによる底冷えが改善。

メリット3:不快な窓ガラスの結露が抑えられ、カーテンなど湿気から守られます。メリット3:不快な窓ガラスの結露が抑えられ、カーテンなど湿気から守られます。

寒い冬などに暖房を使用すると、結露の発生により、窓ガラスが水滴でいっぱいになり、カーテンまで湿気を含んでしまうことも。遮熱断熱複層ガラスに変えると、結露を抑えることができます。

比較イメージ比較イメージ

メリット4:工費は一般の市場価格に比べて低コスト、工期も最大1日で、手軽にリフォームできます。メリット4:工費は一般の市場価格に比べて低コスト、工期も最大1日で、手軽にリフォームできます。
「開口交換システム」の工費は、一般ガラス店と比較しても、低コストを実現。工事にかかる時間も、最大でわずか1日と、手軽にリフォームすることができます。
メリット5:窓の防犯性能を高める仕様を選ぶこともできます。メリット5:窓の防犯性能を高める仕様を選ぶこともできます。
一戸建て住宅の侵入手口として最も多いのが「ガラス破り」。
そこで「窓」の防犯性能を高めることも大切です。
開口部のリフォームでは、ガラス破りによる侵入を困難にした防犯性能の高い
「防犯合わせガラス」もご用意しています。

イメージイメージ

断熱内窓:窓を簡単に二重化して快適さをプラス断熱内窓:窓を簡単に二重化して快適さをプラス

今ある窓も壁もそのままに、内側にもうひとつ窓を付けるだけ!短い時間で簡単設置の樹脂製内窓。今ある窓も壁もそのままに、内側にもうひとつ窓を付けるだけ!短い時間で簡単設置の樹脂製内窓。

  • 工場でプレ生産された部材を既存の額縁に取り付けるだけ!
  • 1窓あたり30分~1時間程度で設置できます。
  • ※既存窓の種類や設置状況により異なる場合があります。
  • ※設置にあたり既存窓の事前確認が必要です。
  • 既存の額縁を利用して設置するため、スッキリとした納まりになります。
  • サッシ周りの壁紙も回収する必要がありません。

断熱内窓 4つのメリット断熱内窓 4つのメリット

  • 樹脂製サッシ枠なので高い断熱性樹脂製サッシ枠なので高い断熱性
  • 結露の発生を抑制結露の発生を抑制
  • 省エネ効果で光熱費軽減省エネ効果で光熱費軽減
  • 遮音性能が向上遮音性能が向上
  • 和室のイメージにあった和紙調ガラスや組子障子タイプもあります。
  • イメージイメージ

※建物条件により施工できない場合がございます。

  • 開口交換など、断熱リフォームをお考えの方は、お気軽にご相談ください。開口交換など、断熱リフォームをお考えの方は、お気軽にご相談ください。
  • リフォ一ム相談はこちら