1. HOME > 
  2. リフォームメニューPICKUP > 
  3. 屋根重葺:リフォームアドバイザーが語る

私たち、積水ハウスリフォームです! 私たち、積水ハウスリフォームです!

積水ハウスのお住まいを対象に、リフォームのお手伝いを しているのが積水ハウスリフォームです。 このコーナーでは、毎回さまざまな部位やテーマを切り口に、 リフォームにまつわるオーナー様との出来事や役立つ情報を、 営業担当/リフォームアドバイザーを通じて ご紹介していきます。 積水ハウスのお住まいを対象に、リフォームのお手伝いを しているのが積水ハウスリフォームです。 このコーナーでは、毎回さまざまな部位やテーマを切り口に、 リフォームにまつわるオーナー様との出来事や役立つ情報を、 営業担当/リフォームアドバイザーを通じて ご紹介していきます。

今回は、福岡営業所・井上博惠がお話します。
幼い頃から家やインテリアが大好きで、住宅展示場に行ったり、チラシの間取りを見たりしていました。博多生まれ、博多育ちの入社4年目。

大学では住環境学を専攻。同時に専門学校にも通い、インテリアコーディネーターの
資格も取得しました。

今回は屋根・外装工事についてのお話しです。 今回は屋根・外装工事についてのお話しです。

外まわりのイメージ一新で、 住まいに愛着が生まれた! 外まわりのイメージ一新で、 住まいに愛着が生まれた!

施工前、「中古で購入したせいか、なかなか家に愛着が感じられなくて。」とおっしゃっていた60代のオーナー様。
築26年目のお住まいで、屋根重葺、樋交換、外壁塗装などのリフォームをすることになりました。
元の黒のスレート屋根は、SHメタルーフのソフトブラックに。白色の樋、鼻隠し(※1)、破風板(※2)は黒に変更。外壁も、白からグレーに。統一感のある外観になったわが家を見て、「リフォームしたことで、とても気に入りました。これからも大事に住んでいきます。ありがとう」との言葉をいただきました。

屋根などの外装工事といっても、傷み等に対応するメンテナンスだけではないのです。
リフォームすることで、お住まいにより一層、愛着を感じていただけると私たちもうれしくなります。

雨樋が落ち葉で詰まって 困っているんだけど…… 雨樋が落ち葉で詰まって 困っているんだけど……

お住まいの裏が大きな落葉樹のある神社、というオーナー様からご相談がありました。葉っぱが大量に落ちてきて、「樋に詰まる落ち葉」が最大のお悩みとのことでした。
現場監督に状況を見てもらい、落ち葉が詰まりにくいよう対処することにしました。具体的には、軒樋から雨水を下へ排水する「縦の樋」の位置を、落葉樹からなるべく遠ざけるよう変更したり、万一、縦の樋に詰まりが生じた際にも、一部を取り外して落ち葉を取り除けるよう工夫を加えました。

さらに、樋に落ち葉が入り込まないよう、樋の上面にかける網状ネット「エスロネット(※3)」も取り付け。決められた施工方法に従って、工事を進めていたそのときです。
半端でない量の落ち葉に悩まれ続けてきたご主人。「まだ少し、心配だな」とひとこと。そこで、念のため、樋のコーナー部分には、二重にエスロネットを取り付けることにしました。


「これで、安心しました!」と、とても喜んでくださったご主人。
当初、樋の変更だけで話が進んでいましたが、樋の変更には足場が必要。せっかく足場をかけるなら屋根もきれいにしようと、SHメタルーフの施工もあわせて行うことになりました。
決められた施工をすることは大事です。けれど、本当にご満足いただくためには、お住まいの条件によってさらに工夫を加えるなど、もっともっとオーナー様の立場に立って考えることが、大切なのです。

これからも、住まい手の“視点と想像力”を 大切にがんばります! どうぞ、お気軽に相談ください! これからも、住まい手の“視点と想像力”を 大切にがんばります! どうぞ、お気軽に相談ください!

※建物条件により施工できない場合がございます。